真理とはなにか⁉️⁉️!(◎_◎;)

真理とは、対象に基準を
おくのではなく、
認識に基準をおくのです。

刑事と睨めあって、取り調べをしていると、一人の30代位の若い刑事が大島刑事を呼びに来た。
「大島さん、用意ができました。」
「おう‼️できたか!じゃあ、早速行くか?」
私は、何の事だかサッパリ理解できずにただ、椅子に座っていた。すると、大島刑事は、私に。
「◯野、署の三階まで行くぞ!」
何で、三階までいくのか不安がよぎった。
そのまま、また、手錠をされて私は、大島刑事に連れられて
三階まであしを進めたのである。
三階の冷たくひえたドアを開けて中に入ってみると
目に映ったのは、カメラ・コンピュータ・体重計等であった。
まぎれもなく、そこの部屋は鑑識部屋であった。
鑑識員に身長を測るからそこに立ってくださいと言われ、
身長を測り、次に体重を測り終わり写真撮影に移った。
前顔、横顔を撮り終え目の前にある椅子に座ってくださいと言われ、座るとコンピュータで指紋をとる装置だった、
随分と近代化したなと思い、鑑識員に促されるまま両手の指紋を撮り終わった。大島刑事は近くでニタニタ笑いながら
わたしを見つめていた。
つづく・・・。

職場に、入る前にドトールで飲む
アイスコーヒーは、今の自分にとって
とても美味しく感じられる、けど、けど⁉️(^^;;
当たり前だが、ひとりぽっちの座席で・・・。
ここに、Aちゃんがいたらなーー〜と思い
冷たいアイスコーヒーを
口にする毎日でした。(((o(*゚▽゚*)o)))

↑このページのトップヘ